こどもごころ製作所のブログ

2007年11月

こんにちわ!
すっかり鍋のおいしい季節になりましたね。
最近土日は、家で鍋ばかり食べてる山本ヤス@クラヤミ食堂支配人です!
ちなみに最近お勧めの鍋は「イタリアン鍋」。

トマトソースの中にエビやハマグリ、キャベツじゃがいも、鶏肉などを
いれて黒コショウをたっぷり入れて食べる鍋なんですが、
これがまた美味しいですよ!
ぜひともお勧めです!

そして鍋の季節といえば、近づいてきたのはクリスマス。

ただいまより、かねてよりお知らせさせていただいていた
【クラヤミ食堂 クリスマスバージョン】
のチケット一般発売を開始させていただきたいと思います!


製作所のあこやです。
今日は、みなさんにお知らせです。

松岡正剛さんがスタートしたばかりの
こどもごころトークリレーですが、
この後も続々とゲストが登場します。

その一人、講談師の神田山陽さん。
NHKの「にほんごであそぼ」などに出演されていることでも
おなじみですよね。
先日、神田山陽さんへインタビューをしてきました。
とーっても山陽さんな内容になりましたので、乞うご期待です。

今日は、神田さんの独演会が12月にあるということで、
そのお知らせをさせていただきたいと思います。
%E7%A5%9E%E7%94%B0%E5%B1%B1%E9%99%BD%E3%81%95%E3%82%93%E7%8B%AC%E6%BC%94%E4%BC%9A.jpg

クリスマスに独演会というのも素敵かも☆☆
「デュシャンの穴熊戦法」。んー。気になる。

ゲストはシティーボーイズの方々です。
わたしはきたろうさんかな。

公演の詳細などは、こちらからどうぞ↓
http://ash-d.jp/home/cn11/live-sanyo.html

こんばんは
製作所のあこやです。

今日から、トークリレーは新ゲストの登場です。
こどもごころ製作所でも大変お世話になっている
編集工学研究所の松岡正剛さんにインタビューしてきました!

松岡さんは、実はこどもごころ製作所の設立に
深~い関係のある方で、常に
われわれ製作所員に刺激を与えてくださる方です。

松岡さんの専門分野とも言える、「日本」と
こどもごころのつながりについて、
聞いてみました!

松岡さんのトークリレーはこちらから↓
http://www.kodomogokoro.jp/#/relay/matsuoka

こどもごころ製作所では、WEBによる情報発信だけではなく、
イベントやワークショップなど、リアルな活動を通して
こどもごころを感じてもらおうという活動もしています。

イベントやワークショップはこれまで、このブログにて
紹介してきましたが、いよいよオフィシャルサイトでも
アーカイブとして記録を残します。

要はイベントやワークショップをやったら、サイトにて
その報告をします!ということです。

近日公開するので、お楽しみに!

こんにちわ。ユリオカ@製作所です。
日程変更になってしまっていた<こどもごころツアーズ>ですが、
昨日、無事に終了いたしました!!!

お越しいただいたみなさん、ありがとうございました!
ご案内いただきました首都高の田沢さん、多田さんをはじめとするみなさん、それから企画&コーディネートをしていただいた小島健一さん
ほんとうにありがとうございました!

ツアーにご参加いただいたみなさんそれぞれに、ワクワクした瞬間、こどもごころが立ち上がった瞬間があったと思うのですが、このブログでちょっと振り返ってみたいと思います。

こどもごころ製作所のあこやです。
寒いですね。冷え性にはつらい季節です。

さて、いよいよ、本日、徳岡邦夫氏のこどもごころトークリレー
最後の更新日となりました!

テーマは、「気持ちのいったりきたり」
むむむ。コミュニケーションの原点ですね。

取材にご協力いただきました、徳岡さん、嵐山吉兆さん、
本当にありがとうございました!

来週からはまた新しいゲストが登場しますよ!
こどもごころ製作所が大変お世話になっている方です。

お楽しみに!!!

みなさま!
実は昨日まで、クラヤミ食堂のアイデアを深めるために
南の島に行っていた山本ヤス@クラヤミ食堂支配人です!
かえってきたら東京、むちゃくちゃ寒いですね!
みなさま、お風邪など召されませぬように。。

なんて思っているうちに大ニュースが
10月開催のクラヤミ食堂が、
今週発売の雑誌エココロさんに掲載されております!!やった!!!
みなさん是非買って読んでいただけたらうれしいです!

もしかしたら、いまこのブログをお読みのあなたも
エココロをご覧になってきていただいたお客様かもしれませんね^^
ありがとうございます!!

さて企画も鋭意進んでいるクラヤミ食堂INクリスマス。
このブログの読者の皆様、
こどもごころ製作所を応援していただいている皆様に限定して
チケット販売開始時に先行して、発売をお知らせさせていただく
メールフォームを設けさせていただきました!

こちらにメールアドレスを登録いただきますと
チケット発売時、一般への告知よりも数日早く、
チケット発売の告知をさせていただきます!

前回、チケットが早々に売切れてしまいまいたので
参加される方はぜひともこちらのフォームにご登録ください!!

東京は寒くなってまいりましたが、クラヤミ食堂INクリスマスは
かなり熱い企画会議が繰り広げられております。
期待は、裏切りません。

ようこそ、クラヤミ食堂へ!

諸々準備中

10月は、クラヤミ食堂親子のはらうたこどもごころの森ワークショップなど
続けて活動をポン、ポン、ポン!とやりました。

で、11月。
次の活動が、バンバンと計画中です。
今まで行ったヤツのネクストバージョンのものもありますし、
新しい企画もあります!
今日も3つ、打ち合わせしました。

・・・・・って、それだけなんですけど。
新しい企画もまだお知らせできません。

でも期待していてくださいね!
このブログでドンドン情報を公開していきま~す!

おとながこどもに相談室 昨夜、更新されました!

相談を投稿して下さったみなさん!
ありがとうございます!
あなたの相談がこどもによって回答されているかもしれませんよ。
(投稿して下さった相談すべてに回答できない場合があることをご了承ください)

ぜひ、こどもの回答に癒され、
そして、大人にはない何かを感じてみてください!


みなさまこんにちわ!
最近、ブログに姿を見せなくなった
山本ヤス@クラヤミ食堂支配人です!!

ブログに姿を見せなかったからといって
のんべんだらりと食事して、酒飲んで、
酔っ払っていたわけではございません!
(いえ、そういうことも多かったのですが・・・)

ずっとクラヤミ食堂のことを考えていたのです!!

そしてついに・・・

製作所のあこやです。

こどもごころトークリレー
徳岡邦夫さんのインタビューがまたまた更新されました。
残すところあと1回です。
早いですねー。

blog%E7%94%A8.jpg

撮影中の徳岡さん

今回は、徳岡さんの発想の秘訣についてお話を伺っていますよ。
徳岡さんのアイデアに対する強いポリシーも感じました!

更新分はこちらから!

http://www.kodomogokoro.jp/#/relay/tokuoka/

実験授業「親子のはらうた」の第一回目が成功裏に終わったことは
先日のブログでも紹介しましたし、テレビのニュースでも流れました。

そしていよいよ第二回目開催に向けて本格的に始動しはじめました!
第二回目に向けた動きは、このブログでドンドン紹介していきます!

小学校関係者の方で、ぜひ我が校でという方がいらっしゃいましたら
info@kodomogokoro.jpまでご連絡ください!

こんにちわ。ユリオカ@製作所です。

おかげさまで「こどもごころツアーズ(仮)~テストラン~第1回『インフラ工事見学in首都高』」は参加募集させていただいた20名分のお申し込みをいただき、一旦受け付け終了にさせていただくことになりました。ほんとうにありがとうございました。

そんななか大変申し訳ないのですが、急遽、日程を変更しなければならないことになってしまいました・・・。

参加申し込みいただいた方には別途メールにて変更のご案内をさせていただいておりますが、ブログでもご報告をさせていただきます。
直前の変更でご迷惑をお掛けし、大変申し訳ありません。

変更後の日程は11月20日(火)16:00~18:30です。
既にお申し込みをいただいている方から、変更可能かどうかの確認をさせていただいております。
この日程では参加できない・・・、という方、大変申し訳ありません。。。

まずはご報告まで、ということで掲載させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ユリオカ@こどもごころ製作所


かるべ@所長です。

今、こどもごころ製作所では「こどもごころの森」構想を進めています。

「こどもごころ」が疼く森。
それを実現するために、さまざまな活動(ソフトウェア)とハードウェアを用意しています。

ハードウェアはツリーハウス。
つくってくださるのは、ツリーハウスの第一人者 小林崇さん。

昨日、小林さんとピーターネルソン氏(ツリーハウスという存在をを
始めて本にまとめ世に知らしめた人)のイベントに行ってきました。
小林さんの半世紀生きたお祝いと、ピーター氏のウェルカムを兼ねたイベントです。
071108kobasan-brithday.JPG

「こどもごころ」という価値は、こうして気持ちを同じくする人
(今の世の中に足りないものを取り戻そう という気持ち)
と出合わせてくれます。

「こどもごころ」という六文字はボクらしか使っていないかもしれないけど、
誰もみな、今の世の中、何か足りない。それを見つけ出し、復活させよう!
という気持ちでは同じなのです。

ワクワクします。
ドキドキします。

新しい出会いを楽しみながら
「こどもごころ製作所」の価値発信をしていこうと思っています。

こんにちは

製作所のあこやです。
今日更新の徳岡邦夫さんのインタビューは
こどもごころ製作所にもとても関係の深い
「五感」についてお話しています。

今日更新のインタビューはこちらから↓
http://www.kodomogokoro.jp/#/relay/tokuoka/

撮影中、われわれスタッフも五感が開きっぱなしでした。
吉兆の空間すべてが五感を刺激するのです!

この日、撮影スタッフに供されたかき氷!(撮影は8月だったんです)
%E3%81%8B%E3%81%8D%E6%B0%B7.JPG

無類のかき氷好きの私も、このかき氷には心を奪われ、
さらに五感が開かれることとなりました。
徳岡さんはじめ、吉兆スタッフの皆さんの温かい心遣いに
感激した一日でした。

おとながこどもに相談室」にぞくぞくと相談をいただいています!
ありがとうございます!
昨日もこどもに相談してきましたよ。
071106soudan-backroom.JPG
(バックルームで撮影の様子をモニターで見るスタッフ)

相談を寄せてくださっているみなさんにご了承をお願いします。
相談内容によっては、こどもたちが意味を理解しきれないなどの状況があります。
全ての相談にお答えしきれない場合があることをご了承ください

かるべ@所長です。

昨日、「こどもごころの森」構想について
ツリーハウスクリエイターの小林崇さんと打ち合わせをしてきました!
CIMG2182.JPG

とっても夢がふくらむ打ち合わせでした!

おとながこどもに相談室 順調に相談が進んでいますよ!
相談をWEBサイトから投稿してくださったみなさん!
あなたの相談がこどもたちによって回答されるのも、もうスグです!
CIMG2181.JPG
(すべての相談に対して回答できない場合がございます。あらかじめご了承ください)

どもどもこんにちわ。ユリオカと申します。
どきどきしながらはじめて自分でエントリーを起こすのですが・・・、
新しい企画をはじめたいと思っています!

すごく単純に、なにかを目の前にした時に
「うおー!」ってテンションがあがる瞬間ってたのしいなあと思っています。
けど同時に、わざわざ出掛けていって、いうのが、
だんだんめんどくさくなってきているのも、自分で感じています。

そこで、めんどくさいかもと思うところを「ちょっと」足を伸ばして、とか、
「ちょっと」気になっていたところを「ちゃんと」気にしてみる、と、
意外と身近に、そういうたのしい、うれしい瞬間って、
ちゃんと転がっているかもしれない、と思っているのです。

まずはテストランなのですが、
思わず「うおー!」って声が出ちゃうとか、
「うわー!」ってテンションが上がっちゃう、
身近なところでそんな瞬間を探す、
そんなツアーをみんなで一緒にしたいなあと思っています。
タイトルはこどもごころツアーズ(仮)です。

よかったら参加してみてください。
どうぞよろしくおねがいします。

ユリオカ@製作所


===================


■こどもごころツアーズ(仮)~テストラン~
 第1回「インフラ工事見学in首都高」

 第1回目は、身近にあるのに、ふだんあまり意識せずに
 使ってしまっているインフラの工事見学をします。
 現在、東西線「落合駅」の地下では、首都高の新しいライン
 (中央環状新宿線)のトンネル工事が進んでいます。
 地下数十メートルを降りていくとその空間はまるで異次元・・・!
 この工事の工事長のかたにご案内いただきながら、
 東京の地下へ潜っていきます。

 よかったら、あなたも一緒に出かけませんか?


   日程/11月20日(火) ※変更になりました
   時間/15:50集合
       16:00見学開始 18:30終了予定 
   集合場所/上落合2丁目交差点(東西線「落合駅」2番出口外)
   http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35.42.25.923&lon=139.41.15.745&sc=2&mode=map&type=scroll
   募集人数/20名(先着順)
   参加費/2000円


 ※女性の方は動きやすい服装・靴でお願いします。
 ※現場の撮影が可能ですので、
  当日はみなさん是非デジカメをご持参ください。

 ※参加ご希望の方は、「氏名」「参加人数」「緊急連絡先」を
  記載の上、下記のアドレスまでご連絡をお願いします。
    tour@kodomogokoro.jp

 ※不明な点のお問い合わせはこちらのアドレスまでお願いします。
   info@kodomogokoro.jp

 ※申し込みいただいた方に、折り返しのメールにて
  こちらの連絡先等詳細をご連絡をさせていただきます。