こどもごころ製作所のブログ

2010年02月

つぶやき始めました!
http://twitter.com/kodomogokoro

ツイッターをやっている方はぜひフォローし合いましょう!
ツイッターでも最新情報をバンバン告知していくので
ブログのみならずツイッターの方もよろしくおねがいしま~す!

kodomogokoro%20mark.JPG

こんにちは、吉濱です。

さあ、「たった一枚のTOKYO」ワークショップ、
ピリッとした空気を含みながらも、
和やかに発表はどんどん進んでいきます。
そして、発表の後には誰かの言葉も欲しいもの。
みんなの感想もちょっと気になるところです。

happyo10.jpg
たまに仲間にマイクを向けて、
「同じグループだったけど、ほんとに良い写真。」
なんて、感想を一言もらったり。
緊張しっぱなしの発表中には、とっても心強く嬉しいですよね。
では、次の作品へと参りましょう。

↓作品&発表

こんにちは、吉濱です。

前回の発表につづきます。
「たった一枚のTOKYO」作品発表、大勢の前で説明ということもあり、
やはり、みんな緊張した面持ちの様子です。
確かに、自分の作品の説明って難しいですよね。
「なんて話したらいいのかな?」なんて悩んでた子も。。。
大勢の前でならなおさらです。

「東京らしい」、「これを家族見せたい」と思って撮ったとしても、
上手く説明するなんて難しいですもんね。
でも、何で撮ったのか改めて考えてみるのは大事なこと。。。
そう考えると、発表もみんなにとってはとても良い機会だった
のではないでしょうか?

happyo.jpg
他の人の発表時もキリっとした表情。

それでは、今回は大人(保護者)の方の作品発表といきましょう。
大人の目には東京はどう映るのか気になりますね。
ichimai2.jpg
さあ、前回同様、前に出てもらいまして。

こんにちは、吉濱です。

さてさて、「たった一枚のTOKYO」ワークショップの模様を、
5回にわたってお伝えしてまいりました。
今回やっと発表です。
この2日間、それぞれ3コースに別れて東京の街を巡ってもらいましたね。
初日は12月の寒空の下、それぞれ傘をさしながらの東京探し。
2日目はみごとな晴天に恵まれながらも、カメラ片手に目移りしながら、
「たった一枚の東京」を撮るべく悩みの連続。ということで、
このワークショップの醍醐味を味わいながら、
みんな、自分の一枚、「たった一枚のTOKYO」を撮ってきてくれました。

さあ、やっと、みんなが探してきてくれた「たった一枚の東京」の発表です。

photo8.jpg
一列にずら~と並びます。
楽しかった人!はーい!
photo0.jpg
満足気にキラキラしてますね。

↓発表&作品紹介です。

こんにちは。
吉濱です。

先週からなかなか更新できずすみません・・・。

こどもごころ書店のコラム大変好評をいただいておりまます↓こちら↓
book.jpg
吉濱、個人的に好きなこどもごころ書店の店員「みちくさ ぼん太郎」
2日続けてコラム更新してるみたいですよ!

みちくさばかりの吉濱、「みちくさ ぼん太郎」に大いに共感してしまいます。

「みちくさ」といえば、子供の頃の話になりますが、
吉濱も学校から家までまっすぐに帰らず、どこに行くとも決めずに
友達とふらふらっと、近くの公園、空き地、はらっぱまで
ぐるっと遠回りでみちくさしていたのを思いだします。
気のままに見つけた、オンボロ空き家に入ってみたり、
つつじの花を摘んでは蜜を吸ったり、もぐらの穴を見つけたり・・・。
あと、貝塚で土器を発掘しちゃったりもしました。

いつもは行かないけど、ふらっと行ってみる。
そういう時に限って、いつも見れないものが見れたり、発見できたり、
出会えたりするんですよね。
「みちくさ ぼん太郎」の言葉をかりると
「偶然は必然なのだ」というでしょうか?
みちくさしてこそ、気づくことも多いものですものね。

みなさまも「みちくさ」してみてはいかがでしょう?
思わぬ出来事が起こるかもしれませんよ!

「みちくさ ぼん太郎」もお忘れなく。