こどもごころ製作所のブログ

切り口BOYグループの柴田です。
「切り口BOY」産みの親シリーズ4人目は、まさに親、切り口BOYのイラストを描いてもらった後(ウシロ)です。

彼は前からずっと製作所のアートディレクターで、WHITE DESIGNという自分の会社をやりはじめたあとも続けてもらっています。製作所のロゴ、各ワークショップのサイン、もろもろのツクリモノ、ほぼすべて彼の手が入っています。「エンピツ君に聞けっ!」も。

今回は、キャラ、全体のデザインはもちろんのこと、「カラオケを歌っているお父さん。」からはじまる紹介文、さらには切り口BOYのテーマソング制作まで、たっぷりどっぷりやってもらいました。
特に今回、アニメーションで動きをつけたので、絵を何枚も何枚も何枚も何枚も書いてもらうはめになりました。いやー、おつかれさまでした。
(そして、それを動かしてくれた瀬尾さんも!)

「ウシロ、切り口BOYの開発どうでしたか?」

photo_ushiro.jpg

「キャラについて」
凄くいい奴で、才能もあるけど気の弱い奴。
頼まれると嫌と言えない、どんなことでもつい一生懸命にやってしまう。
どんなに好きな女の子にも絶対に告れない。
音楽は好き。
もっと良いところに引っ越せば良いじゃんと友達にはよくいわれる。

ペーパードライバー。
気に入ったものは、ゴミと言われようとも捨てられない。
何かとこだわりはある。
お店の店員に話しかけるのが苦手、
話しかけられるのはもっと苦手、
、、、などなどそんなキャラクターがいいなぁと。

キャラクターのファッションは悩みました。
正義の味方的なのもがいいなぁと思いながら、
そこまで助けてもくれない感じってどんなだろう?
かっこよくもあり、ダサくもある。
こだわりがある感じで気にならない感じ。
そんなことを考えた結果、ウエスタンとかがいいんじゃないかなぁと。
デジタルっぽくない、実際手で書いて助けてくれる感じもして。
なので、テーマソングもカントリーをモチーフにしてほしいと
オーダーしました。
そしてテーマの歌詞は世界中からボーイを集めて作詞しました。
色んなボーイを探してるうちに、僕らは、
いつの時代も色んなボーイに助けられて来たなぁと実感しました。
この新しいボーイが、
皆様の新しい救世主になると良いなぁと思っています。
テルテルボーイのこともよろしくお願いします。

「世界中のボーイ」のことは、ちかぢか、このブログで紹介しますね。
産みの親シリーズ、さらに続きます!
バックナンバーはこちらから。
【切り口BOY】開発どうでしたか(1)カヤック瀬尾さん
【切り口BOY】開発どうでしたか(2)所員大島
【切り口BOY】開発どうでしたか(3)テトテ加藤さん

切り口BOYのページ
http://www.kodomogokoro.jp/kirikuchi/

コメント

コメントを投稿