こどもごころ製作所のブログ

2011年03月

こんにちは、こどもごころ製作所の吉濱です。

大変遅くなりましたが、
この度の震災の被害に遭われた皆さま、
関係者の方には、心よりお見舞い申し上げますとともに
一日も早い復興をお祈りしたいと思います。

吉濱も出来ることから、被災者の方々に少しづつ力に
なれるよう努力していきたいと思います。
こんな、つらい時こそこどもごころを!

という事で、新しいコンテンツ始めさせていただきます。
そのコンテンツとは?
「1日1こどもごころ」
というのは、、、。
大人になるとやらなくなってしまうけど、
ちょっとやってみたい、ワクワクするような事、
豊かな感性を思い出せるような事を
一日一回はやってみよう。
というもので、週一程度(タイトルと矛盾してますが。。。)
吉濱が実践し、皆さんにレポートしていけたらとお思います。

<例えば>
・バスのボタンを誰よりも先に押してみよう。
・銭湯にいってみよう。
・駅から家まで石ころを蹴って歩けたら勝ち!
などなど。

メディアには悲しい映像、情報が流れたび、
心を痛める毎日ではありますが、
日々新らしい視点、発見で
微々たるものかも知れませんが、
何かしら新しい気づきで、
皆さんの日々を少しでも明るく気持ちを豊かに
出来たらと思います。

さて、第一弾はどのような「こどもごころ」でしょうか?
お楽しみに!

こんにちは。
風の妖精つむじ風ひゅるりんだよ!
PAP_0001.JPG
ちらほら、「さくらきらこ」ちゃんをみかけるようになってきたね。
ひゅるりん、満開の「さくらきらこ」ちゃん早く見たいなぁ~。
いつだろ、今週末くらいかなぁ~。ワクワク

「ぽっかぽか」
さくらきらこ
わたしがいれば
みんなが
よろこんでくれる
わたしがいれば
こころもからだも
ぽっかぽか
かぜがふいても
だいじょうぶ
わたしはそれで
あんしんする

kira.jpg
コメント:
きらこさんのおおきな体と心のなかで、
いろんな命がやすらいでいるんだね。
母なるさくらかな。

東日本巨大地震からの一日でも早い復旧を望んでやみません。

どんどんと入ってくるソーシャルメディアからの情報に、
マスメディアだけでは知りえなかった現場の臨場感が伝わってきます。
(ソーシャルメディアに対しても賛否ありますが、私の感想です)

大学の先輩が被災地にいらっしゃいます。
彼は毎日PCに向かえるわけではありません。
数日に一回、現地の情報をただただそのまま伝えてくださいます。

その、そのままが、胸をしめつけます。
何かできることはありませんか? と訊くことが軽はずみに感じます。

こんにちわ。
こどもごころ製作所で「そらめめ探偵団」を担当しています、山本です。

今回の大きな災害にあわれた全ての方々に心よりお見舞い申し上げ、
一刻も早く心穏やかな生活を取り戻せるよう、お祈り申し上げます。

そして、そのためにも、いち社会人として、私も微力ながら努力して参りたく。

本コーナーの「探偵」であるアカネさんからもメッセージをいただきました。

「この度の震災で被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
身近な友人知人からも、ご家族ご親戚被災の現実を聞き、
とても胸が痛んでいます。
私の地元・長野県で起きた地震でも、
被災し避難所生活を送られている方々がいらっしゃいます。
一日も早い復興を、心からお祈り申し上げます。」


なかなか笑顔になりずらい時勢。
けれども、そんな中でも日常に発見と笑顔を。
そんな気持もあらわに、
50回という大台を過ぎた「そらめめ探偵団」。

再出発させていただきます。

さあ、今週のアカネ探偵。
一体何を見つけてきてくれたのでしょうか?!

///////////////////////////////////////////////////////////

震災の前と後

東日本巨大地震によって被災された方、心からお見舞い申し上げます。
日々、震災対策にご尽力されている方々、本当にありがとうございます。
ただただ頭が下がります。

今、日本中で、震災から立ち直れるよう、元気が集まっています。
それぞれの立場で、それぞれにできることを懸命にやって、
少しでも早く、一人でも多くの笑顔が、取り戻せるように
日本全体が頑張っています。


この10日間で少し意識が変わりました。
そう思いませんか?
少なくとも私は変わりました。

東日本巨大地震 お見舞い申し上げます。

被災地の住民の方におかれましては、
不安な日々をお過ごしことと思います。
早く笑顔が取り戻せるよう、日本全体が、
それぞれの立場で、しなやかな対応が
できるとステキだなと思います。

地震が起きてから、Facebookやツイッター
へのこどもごころ製作所の投稿が減りました。
正直、何を書けば良いのか悩んだからです。
(震災直後に通常の書き込みをし、メンバー
から指摘されて削除したりもしました。)

この事態のために、自分たちには何ができる
のだろうか・・・?

今でも、被災地のことをメディアでしか知らない
自分が、どんなことを書くべきか、何を書いても
無責任になるのではないか、いろいろ悩みます。

しかし、「悩んで何もしない方がよくない!」
そう、メンバーから指摘を受けました。
その通りだと思いました。

こどもごころ的な視点で、今の情勢から感じること、
思うこと、それが今の情勢にとってプラスになるか
どうか考えた上で、再度、書き込み頻度を上げて
いきたいと思います。

みなさんからのご意見やご指摘もドシドシください。
そして、こどもごころ製作所が今できるアイデアなど
が見つかったら、積極的に取り組んでいきたいと
思います。

この未曾有の事態を、
前を向いて、そして、乗り越えて行けますように!

こどもごころ製作所 軽部拓

こんにちは。
風の妖精つむじ風ひゅるりんだよ!
PAP_0001.JPG
少しづつ春の匂いがしてきたけど。
どうやら、「杉 かふんの助」君が大暴れ
しているようだね。
色んな所から「はくしょん、くしゅん」って聞こえてくるね。

それでは、今回はひゅるりんのお友達「青青すけ」君を
紹介するね

「お母さんに会いたいなー」         
             青青すけ
ぼくは生まれて会ってみたいな
お母さん
しょうがないから
キャベツの葉食べよう
ao.jpg
コメント:
あおむしさん、なのかな?
あっぱれ!しょうがない人生!
byひゅるりん

こんにちわ!クラヤミ食堂支配人の山本ヤスです!
昨年のクリスマスバージョン以来のご無沙汰ですっ!

さあ、そんなクラヤミ食堂も
昨年11月の「DISCOVER TALISKER with クラヤミ食堂」
の再演を4月に控えておりますが…

news01_mod_showcase1104.jpg</a>
http://www.talisker.jp/news/news1102_01.html
(3月18日応募締め切りです!)

本日は、クラヤミ食堂以外にも面白くて、おいしい
そしてとても世のためになるレストランのご紹介。

みなさんは「TAP PROJECT」という
プロジェクトをご存知ですか?
http://www.tapproject.jp/index.html

水資源大国、日本では「きれいな水は当たり前」と思いがちですが
開発途上国ではこの「きれいな水」のある生活がとても難しいそうなのです。

そこで少しでもこの現状を伝え、貢献しようと
取り組んでいるのがTAP PROJECTとそのコンセプトレストラン。
協力されるシェフは驚くくらいな豪華な顔ぶれですよ!!
「マダガスカル料理の前菜」というのもいいですねえ。。。

以下、ご紹介!

////////////////////////////////////////////////////////////////

~きれいな水を、世界の子どもに~
TAP PROJECT 2011
コンセプトレストラン「RANO」のご案内
>photo_01.jpg

「TAP PROJECT」は、3月22日の「世界水の日」にあわせ、
開発途上国の子どもたちが直面する水と衛生の問題を考え、
世界中の子どもたちが「清潔で安全な水」を使えるように、
レストランやカフェで提供されるお水やお茶に対して、
任意で募金をしていただく、という活動です。
お寄せいただいた募金は、日本ユニセフ協会を通じて
「清潔で安全な水」を手に入れることができない
マダガスカルの子どもたちのための支援活動に役立てられます。

「RANO」のコンセプトは
「きれいな水のありがたみを感じられるレストラン」。
これまでも「TAP PROJECT」に参加されてきた著名シェフが、
「水」をテーマに支援の気持ちを表現した
和食、フレンチ、イタリアン、中華、デザートのスペシャルレシピを開発。
プロジェクトの支援先であるアフリカ・マダガスカル共和国の料理とともに、
このレストランのためだけに考案されたスペシャルレシピを楽しみながら、
「TAP PROJECT  2011」への
募金活動にご参加いただくことができます。

【レストラン名称】
RANO(ラノ)

【営業期間】
2011年3月19日(土)~27日(日) ※9日間限定

【営業時間】
平日    17:00-22:00 (21:30ラストオーダー)
土日祝日  11:00-22:00 (21:30ラストオーダー)

【場所】
東京都港区赤坂6-15-1 ミツワビル1階
(テーブルスタジオタキトー内)

【メニュー構成、料金】
マダガスカル料理の前菜(ビュッフェ)
+著名シェフによるメインディッシュ+スペシャルデザート 
5,000円(税込)

【メインディッシュおよびデザート・レシピ開発】
和食:野崎洋光氏 (分とく山)
フレンチ:坂井宏行氏 (ラ・ロシェル)
イタリアン:濱崎龍一氏 (リストランテ濱崎)
中華:菰田欣也氏 (スーツァンレストラン陳)
デザート:鎧塚俊彦氏 (Toshi Yoroizuka Mid Town)

【募金方法】
食事の料金の中の一部がプロジェクトへの募金となります。
また店内で提供される水に対して、任意で募金をすることも可能です。

【予約方法】
「一休.comレストラン」にて、3月1日より予約を受け付けています。
http://restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData101500/r101322/r101322v.htm
※予約なしでの来店も可能です。

////////////////////////////////////////////////////////////////

おいしくて、世の中のためになる食堂。
なんだか本当に素敵ですね。

いよいよ来週から。
ぜひ、みなさまお越しください!

こんにちは。
風の妖精つむじ風ひゅるりんだよ!
PAP_0001.JPG
3月に入るともう春だね、
桜の開花予測も出始めているようだし、
今年はいつなんだろう。
「桜木 さくたろう」君にでも聞いてみようかなぁ?

今回はひゅるりんのお友達「葉っぱのはたろう」君を
紹介しちゃうね。

葉っぱのはたろう

ぼくは葉っぱの葉太郎です
ぼくは風がくるたんびにおどる、
ぼくは雨が大のにが手です。
だっていたいんです。

ぽとぽとだけでもふかく
うなづきます。

でも虫はぼくを食べます。
ぼくはくさる色のしょくぶつ
仲間もいます。
ぼくはお茶の元です。
_A1_0721.jpg
はたろうくんは、”草食系”だね。
あっ、草も食べないか・・・
byひゅるりん