こどもごころ製作所のブログ

こんにちは。
こどもごころ製作所の吉濱です。

毎日のどこかに、「こどもごころ」を取り入れてもらうべく、
大人になって出来なくなってしまった、
ワクワクするような様々なことを、吉濱が実行しレポートする、
「1日1こどもごころ」
今回で3回目でございます。

今回の「1日1こどもごころ」は
「自宅まで石を蹴って帰れたら勝ち!」
みなさん、よく子供の頃、学校から家まで石を
蹴りながら帰ったりしませんでしたか?
強めに蹴ると飛びすぎて、どっかに飛んでいったり、
思わず溝に落ちてしまったり、石があっちこっち飛んで、
なかなか帰れなかったり。
よくやりましたよね。

何があるわけでもないのに、夢中になって蹴っては
石を追いかけてましたよね。
ある種のゲームというものだとは、吉濱も分かるんですけど、
あの魅力はなんだったんでしょうか?
そんな子供時代を、ふと思い出した吉濱、さっそく実行してみました。

まずは、石選びから。
勝負の決め手がかかる石選びですが、
初心者はなるべく、蹴りやすく、ある程度重みのある真っ直ぐに、
飛びそうなものを選ぶのでしょう↓こちらの「石」で
いかせていただきたいと思います。
i1.jpg

今回の理想&目標はなるべく長めのストロークで続けて、
最後、吉濱としては自宅前でゴールシュートのように思いっきり、
足を振り下ろしてゲーム終了、無事勝利!といきたいのですが、
さあ、どうなりますでしょうか?

では、ゲームスタート。
スタートしてから、最初の方は短いストロークながら、
(初め目標からずいぶんずれて、、、、
すこし、ビビリながらのスタートになってしまいました。)
慣れてくると、上手くなり、綺麗に真っ直ぐ転がしていけます。
なんだか、自分の足先ひとつで操っている感覚になり、
満足感が出てきます。
i2.jpg

だんだん、進めていくと次第に自分の中で
どんどんチャレンジ精神が出てくるようで、
ちょっと強めに蹴ってみたり、
つま先のとんがりめの難しい角度で蹴ってみたり
するのですが、やはり、、、あちらこちらに飛んでいきますね。

「おっとっと・・・」という感じで追いかけていくのですが、
石に振り回されてる感じもまた、楽しめたり。
全てが思い通りにならない方が、
なんだかやる気が出てくるもんなんですね。
i4.jpg
「振り回す石・・・ポツン」

うーん、なかなか上手くいかないものですね。
さあ、この「石蹴り」、今後の行方はどうなるのでしょうか?
今回、テキストが少し長くなってしまったため、
前半編、後半編と2回に分けて皆様に、
お届けしたいと思います。

では、「1日1こどもごころ」後半編をお楽しみに!

コメント

コメントを投稿