こどもごころ製作所のブログ

こんにちは、吉濱です。

毎日のどこかに、「こどもごころ」を取り入れてもらうべく、
大人になって出来なくなってしまった、
ワクワクするような様々なことを、吉濱が実行しレポートする、
題して「1日1こどもごころ」
今回で4回目でございます。

先日、家の近所の公園を通りかかった時、
ちょうどブランコを見つけまして、
普段、働いているとブランコに身近にないし、
あったとしても、あえてブランコを漕ぐ事なんて
なかなか、ないですよね。
なので、「あ、久しぶりにブランコのりたいな。」って思ったんです。

そういったきっかけで、
今回の「1日1こどもごころ」は、「ブランコにのりたい。」です。

近所にある公園に出かけ、ブランコを漕いでみると、
全身でバランスをとりながら、風を切って漕ぐ感じ、
子供の頃に漕いでいた記憶が身体で甦ってきます。
ブラーンと足を伸ばしブランコに身を任せてる感じが、
のびのびしますし、今の季節的に風もちょうど心地よくふいて、
肌に当たって気持ちいいんです。
開放感があります。
DSC02391.JPG
調子が出てのってくると「立ち乗り」です。
体全体が「ビューン」と風と一緒に飛んでいきそうな。
遊具ですから、確かに楽しいですよね。
本当にリフレッシュします。
DSC02402.JPG
でも、大人なってから久しぶりにこいてみると、結構子供の頃
とはちょっと変化はありますね。
体全体を使って、ブランコをこいてみるって、気持ちいのですが。
意外とすぐ息が切れるし、意外と酔うし、手しびれてくるし。。。(笑)
体力が落ちている自分を実感します、、、。

なんだか、「靴飛ばし」もしたいくらいだったんですが、
少々、よしはまには「こどもごころ」が足りないようで
断念してしまいました。。。
どなたか、こどもごころ満載な方は「靴飛ばし」をお勧めします。

しかも、上を見上げれば空を仰げる。
顔をおもいっきり、上に見上げてこぐ。
上にはなんにもなく、空のみ。
なんだか、声を上げたくなってきますよ。「わー」とか。
最高ですよね、鳥のような気分とまではいかなくても。。

空を見上げるって事、これって大事だとおもうんです。
私最近よく感じるのが、
よく下を見ながらうつむいて歩いている人が多すぎる。
(よく言われていることですが。)

なかなか、あえて空を見上げる事なんて、意識しないと
しませんから、自分も空を見る事を心がけてみようかな、
とブランコを漕ぎながらそう思いました。
DSC02405.JPG

東京はビルが多くて、空が狭いとよくいいますけど、
それもまた、東京の空の個性ですしね。
1日1回はちゃんと空をみたいなと思ったんです。

ブランコを思いっきり漕ぐことで、リフレッシュしますし、
また空を見にブランコなんていかがでしょう?

さて、次回の「1日1こどもごころ」もお楽しみに!

コメント

コメントを投稿