こどもごころ製作所のブログ

カテゴリー:こどもごころの森

みなさま、お待たせいたしました。
こどもごころスコップ水先案内人の長谷川です。
よろしくお願いします!

「第1回 開墾ツアーin京丹後 旬の食材篇」
いよいよ、チケット発売スタートです。

"こどもごころの森”プロジェクトとして、
ツリーハウスを完成させた京都の日本海の海辺、
京丹後で開催します!

2009.2%E9%99%BD%E8%8A%B1%20007.jpg

3月28日、29日の2日間、
わかめをとったり、ふきのとうを探したり、たこをとたったり・・・
ツリーハウスを満喫しながら、周辺を開墾し、
こどもごころを存分にほりおこしましょう!

ツアーの詳細とお申し込みは、コチラ↓から!
http://www.sowxp.co.jp/kodomogokoro/scop/

2009.2%E9%99%BD%E8%8A%B1%20005.jpg

こんにちは!
こどもごころスコップの水先案内人ハセガワです。
よろしくお願いします。

こどもごころスコップとは・・・

世界中のワクワクを、こどもごころで掘り起こすべく、
こどもごころ製作所がプロデュースする、体感系ツアーイベント。

いよいよ、その第1回がはじまります!
3月28日(土)、29日(日)に決行!
目指す地は、京都の日本海、京丹後!!

日本海、とある雪の日ののツリーハウスは、こんな感じです!
ワープショップ参加者が送ってくれました!
どうもありがとう!

%E9%9B%AA%E6%99%AF%E8%89%B2%20006.jpg

ツアーの詳細は、近日公開予定!
乞うご期待!


製作所のあこやです。

ブログの書き込みのやり方を忘れてしまった
2号さんにかわって、お知らせです。

                          CIMG2820.jpg

いよいよ、こどもごころの森が始動します!

以前から、ブログでも時々お知らせしていましたが、
京都府京丹後市にある美しい入り江に、ツリーハウスをつくり、
こどもごころの森にしたい!という構想が、いよいよ動き出しました。

ツリーハウスクリエーターの第一人者・小林崇さんの賛同を得てから
1年以上、京丹後市の強い意志で、なんとか着工に。

そこで、京丹後でツリーハウス制作ワークショップを開催します!
ご興味ある方、遠方からでも大歓迎ですので、是非ご参加ください!

〔京丹後ツリーハウス制作体験ワークショップ 開催概要〕
■日時:2008年9月20日(土)~21日(日)
■場所:京都府京丹後市
■参加費:大人10,000円 子供6,000円
■市外参加12名(定員残りわずか!)

■主催:京丹後市
■協力:NPO法人ジャパン・ツリーハウス・ネットワーク、
     こどもごころ製作所、蒲井・旭電源問題及び活性化対策協議会、
     風蘭育成会
■詳細、お申し込みは:ジャパンツリーハウスネットワークのHP
               http://www.treehouse.jp/jtn/work0809.htm

なお、10月18日(土)には、ツリーハウス完成お披露目会が
開かれる予定です!昼だけでなく、夜も楽しめるメニューを
検討していますので、こちらもぜひ、お楽しみに!


かるべ@所長です。

先日、こどもごころの森に造るツリーハウスのために
現地の冬のコンディション(風はどのくらい強いのか?
雪などの影響はどのくらいに見ておけばいいのか?)
を確認してきました!

いよいよツリーハウス着工の時期が近づいてきています!
ツリーハウスづくりのワークショップもやるので、
興味ある人はこのブログをいつもチェックしてね!!

かるべ@所長です。

今、こどもごころ製作所では「こどもごころの森」構想を進めています。

「こどもごころ」が疼く森。
それを実現するために、さまざまな活動(ソフトウェア)とハードウェアを用意しています。

ハードウェアはツリーハウス。
つくってくださるのは、ツリーハウスの第一人者 小林崇さん。

昨日、小林さんとピーターネルソン氏(ツリーハウスという存在をを
始めて本にまとめ世に知らしめた人)のイベントに行ってきました。
小林さんの半世紀生きたお祝いと、ピーター氏のウェルカムを兼ねたイベントです。
071108kobasan-brithday.JPG

「こどもごころ」という価値は、こうして気持ちを同じくする人
(今の世の中に足りないものを取り戻そう という気持ち)
と出合わせてくれます。

「こどもごころ」という六文字はボクらしか使っていないかもしれないけど、
誰もみな、今の世の中、何か足りない。それを見つけ出し、復活させよう!
という気持ちでは同じなのです。

ワクワクします。
ドキドキします。

新しい出会いを楽しみながら
「こどもごころ製作所」の価値発信をしていこうと思っています。

かるべ@所長です。

昨日、「こどもごころの森」構想について
ツリーハウスクリエイターの小林崇さんと打ち合わせをしてきました!
CIMG2182.JPG

とっても夢がふくらむ打ち合わせでした!

かるべ@所長です。

こどもごころの森をつくろう!(という構想)
そのためにワークショップをやってきたよ!

というブログはちょっと前にhasegawaが書いていたけど、
そのことが毎日新聞の記事として掲載されました!


これはワークショップ開催を京丹後市(主催者)が公表したときの記事


これはワークショップを取材していただいて記事化したものです。

上二つの記事は毎日新聞のもの。さらに京都新聞では以下のように
取り上げられました!

記事をクリックすると拡大して見られるので興味ある人は見てね!
京丹後市での「こどもごころの森」構想は、興味のあるみなさんと
ともに歩んでいこうと思っています。

こどもごころを取り戻して、自然を満喫したり、ツリーハウスを作ったり
ということに興味のある人は、このブログに注目していてね!

また問い合わせはinfo@kodomogokoro.jpまで!

こんにちは!
「こどもごころ」で地域の活性化を進めよう、
ということで始まった「こどもごころの森」構想。
いよいよ動き出しましたよ。
先週の土日に、キックオフワークショップをやってきました!

こどもごころの森に期待を寄せてくれているみなさん!
そして、ツリーハウスにも興味があるみなさん!

とうとう「こどもごころの森(仮)」キックオフワークショップが
10月20日、21日行われることになりました!
申し込みはこちらから。

「こどもごころの森」に関しては、こちらを読んでね。

やがて「こどもごころ」が疼く空間ができるのですね!
「こどもごころ」が疼く森。
あぁ、たのしみ、たのしみ!

先日、「こどもごころの森(仮)」を作ろうとしている現地に行ってきました!

目的はワークショップの準備をすること。
そう、「こどもごころの森(仮)」では、実際にツリーハウスをつくる前から
いろんな方にワークショップなどへ参加していただき、活動を膨らませていきます!

その第一弾がまもなく行われるツリークライミングワークショップです!
このワークショップに参加した時点で、あなたはツリーハウス制作にグッと
興味が増しちゃうわけです。

なぜならば、その神木のような木に触れ、
ツリーハウスができたならば見られる景色を
ツリークライミングすることで事前体験。
そうすることで、寝ても覚めてもツリーハウスができたら、
どれだけスゴイのだろうと思いを馳せてしまうからです。

ちなみに以下の写真はツリーハウス設置予定の木(正面でかい木)。
CIMG1903.JPG

ワークショップへの参加方法は・・・

地域活性化を「こどもごころ」でやろう!

そんなことを思い立ち、現在、ある地方都市で
実際に「こどもごころ」による活性化策を企画しています!

具体的に言うと、「こどもごころの森(仮)」をつくります!

「こどもごころの森」 それは、